RSウィルスが感染拡大!?

東京都感染症予防センターのデータによると、2017年は去年の5倍にもなるという!過去最多らしい。
RSウィルス感染症は、感染しても大したことはないとも言われているが、重症になると命の危険もある。
特に免疫力の低い乳幼児や高齢者、呼吸器疾患のある人や病み上がりの人は注意が必要だ。
RSウィルス感染症とは、呼吸器感染症の一種で症状は発熱と鼻水がでる。
まれに、呼吸困難や肺炎につながることもある。
ちなみに、ワクチンは無い。感染ルートは飛沫感染や接触感染。
家庭内、会社内、学校内での感染予防には次亜塩素酸水による除菌は有効なようだ。
ドアノブやスイッチ、皆が触る手すりなどを拭いて除菌する。

子どもたちへの対策として、普段、手で触るものや机、椅子、おもちゃ、コップなどは、次亜塩素酸水で除菌する。

当、想いを紡ぐ会では、クリン慈愛(クリンジア)という次亜塩素酸水を提案しています。
お問い合わせは、cleanjia@omoi-tumugu.jp まで。